ニュース

アンジャッシュ渡部健を助けた豊洲市場1番の仲買業者X社長とは?

渡部健を助けた豊洲市場1番の仲買業者とは

お笑いコンビ「アンジャッシュ」渡部建さん(48)は現在、豊洲市場で無休で働いているようです

救ってくれたのは渡部健さんと旧知の中の仲卸大手『山治』(やまはる)の社長山﨑康弘さんと言われています

仲卸大手『山治』はNHKの新型コロナ特集『bs1スペシャル豊洲市場 コロナ禍の5ヶ月』2月24日に放送された番組にも出ておられて発言されています

 

『山路』の社長山﨑康弘さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

山﨑康弘(@yamaharu_oyaji)がシェアした投稿

株式会社山治は豊洲市場内で32店舗を運営する魚河岸です

浦安本社(財務・経理・管理部・工場)を持ち、2009年現在で53,200,000円の資本金がある会社になります

社員数104名の中に渡部健さんも働いています

山﨑康弘さんは1958年に現会長が創業して2代目社長になるそうです

 

渡部健さんの労働は

深夜0時~午前8時まで豊洲で働いているようです

19日現在で3回仕事にはいっています

ネットでは

駆け出しの駆け出し
渡部健さんが豊洲で働くって…立川談志さんを怒らせた談春さんが、築地で1年間働いたエピソードをなぞってない
渡部健豊洲卸市場に現れたらしく、豊洲で働く人がトイレの治安を心配してるの他人事なのでゲラゲラ笑ってる

など、まだまだ好意的なコメントは少ないようです

 

どんな仕事をしている?

 

この投稿をInstagramで見る

 

山﨑康弘(@yamaharu_oyaji)がシェアした投稿

もちろん新人の渡部さんは目利きをするわけでもなく、ウニの発送業務をやっておられるようです

40代後半で50に手がかかる渡部健さんは初めてのお仕事は大変辛い物があると思います

 

毎週金曜日の週1回の勤務

現在、渡部健さんは週1回の勤務だそうです

はじめは同僚も渡部健さんと知らずに話しかけていたそうです

週1回の勤務だということで普段何をしているのかと話しかけたら『子育て』という話が帰ってきたそうです

 

通勤は700万円のベンツで

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rynne(@rynne_official)がシェアした投稿

元麻布ヒルズ(東京都港区)にお住まいの渡部健さんは深夜0時に豊洲市場で仕事をするのにあたり、公共交通機関が使えません

現在、700万円のベンツで通っていると同僚に話したそうです

 

賃金は貰っているの?

渡部健さんはアルバイトで入っているという話がありますが、現在は無給でお仕事をしているようです

働くというよりは懺悔の気持ちでお仕事を頑張っておられるようです

お金をもらって生計を立てるというよりは懺悔で働いて、芸能界にもう一度戻ってきたいと思っているのが本音かもしれません

 

渡部健の禊はいつまで続く?

原田龍二さんと渡部健さんの分かれ道

原田龍二さんと同じことをして復帰できなかった渡部健さんは会見で大失敗したのが原因でしょう?

原田龍二さんはすべてを語りつくしたのに対して、渡部健さんは年末特番の『ガキの使いやあらへんで』出演を画策したために

日本テレビに対して忖度したことが原因でしょうか?

 

宮迫博之さんよりいいとの声も

同じく問題を起こした宮迫博之さんはYouTubeで頑張っておられます

ただ、最近は島田紳助氏に出演を求めて断られ、ゲリラ的に電話をしたことを吉本本社・先輩芸人の今田耕司さんに咎められています

渡部健さんの選んだ道は今のところ良さそうです

奥様でもある佐々木希さんが応援しているのも頑張ることができる要因かもしれませんね

 

まとめ

多目的トイレで複数の女性と不倫をした代償は大きいです

女性を性の奴隷としたことはテレビの視聴者にとってはあってはならないことかもしれませんね

今後、テレビで渡部健さんを見ることはまだまだ先かもしれません

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です