木曽路の22歳の男性社員が長時間労働、上司の暴力で自殺!

木曽路の22歳の男性社員が長時間労働、上司の暴力で自殺!
ぐるなび






訴状では14年3月から木曽路西宮店(西宮市)で勤務していた男性社員は月120時間以上の時間外労働と上司2人から複数回頭を小突かれたりしてうつ病を発症

社内調査では時間外労働はなかったが、暴力はあったそうだ

8500万円の損害賠償金を遺族は求めている

木曽路は争う姿勢

長時間労働はなかったが、一部暴力は認めるそうです

ただ、自殺との因果関係は認められないので、争う姿勢をみせています

しゃぶしゃぶ「木曽路」一斉休業 働き方改革の一環

自殺が原因かわからないが、働き方改革を各企業に先駆けて行う姿勢をみせた

やはり問題のある企業は定期的に問題を起こす

2014年の食品偽装では「松阪牛」ではない牛を松阪牛として7171食を提供する

販売期間は2年以上
儲かればいいという体質が社内を覆っていたんだろうと思う

ネットの反応

飲食業界の宿命

学生アルバイトなら飲食業界も楽しく過ごせるが、一生の仕事となると競争率が厳しく、家族そろって安心して生活できる業界では決してない

正社員として働いている中で、出世の見込みがないようであれば早く足を洗った方がいい業界です







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です