静岡赤十字病院の20代の救急科の女性医師が新型コロナウイルスに感染

新型コロナウィルス感染の銀メダリスト塚原直貴(34才)の懇談会に参加の桑名市40代女性が感染






静岡市は、静岡赤十字病院の20代の女性医師が新型コロナウイルスに感染していたと発表された

市保健所は「医師にせきなどの症状はなく、院内感染が生じる可能性はほとんどない」と説明しています。

ただ、院内では看護師とその家族が先日コロナウィルスの陽性反応がでたばかり

 

女性医師は本採用に伴い院内で検査でPCR検査を受け、発覚したそうだが

 

静岡赤十字病院に所属する20代の医師の女性が感染

2年間の臨床研修後に今月から正式に病院に採用のため、31日に受けた院内のPCR検査で陽性

 

保健所のPCR検査も陽性だったそうだ

 

医師はの行動は

 

3月24日に東京で会食

 

3月25日 ~27日にマスクをして診療をおこなっていたそうだ

 

救急科で診療を続けていたということだ(静岡赤十字病院の救急科

静岡赤十字病院の公式ホームページより

静岡赤十字病院の場所

ネットの反応

症状がでていないのにPCR検査おかしいのではない?

 

院内感染だけは避けてもらいたいものだ

 

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です