毎日放送取締役の60歳の岡田公伸取締役が9日に死去したと発表

新型コロナウィルス感染の銀メダリスト塚原直貴(34才)の懇談会に参加の桑名市40代女性が感染






阪神間では人気の番組を多数もつ毎日放送の60歳の岡田公伸取締役が9日に死去したと発表されています

 

毎日放送では感染症の事態が落ち着いてからお別れの会を検討もしているということなので、非常に会社に貢献された役員さんなのですね

3月26日 午後からせきや発熱の症状

いったん症状がおさまり

3月31日  早退 自宅療養

4月4日  再び発熱の症状が出て、今月4日

兵庫県西宮市内の病院で肺炎と診断されて入院

4月9日       亡くなられたそうです

 

 

 

経歴

早稲田大学を卒業

1983年に毎日放送に入社

制作局の次長や局長などを歴任

2019年6月から役員就任

「4時ですよ~だ」(1987~89年)

「ちちんぷいぷい」

を担当したそうです

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です