ソフトバンク孫会長!今度は本当にマスクを無利益で供給するのか?

ソフトバンク孫会長!今度は本当にマスクを無利益で供給するのか?






ソフトバンク孫会長は最近では、ソフトバンクグループの株価が下がり、資産売却をする発表をおこなったが、ビジョンファンドの小会社が15社潰れるかもしれないと発言しています

その孫会長がまた、どういうことでマスクを供給するのかわかりませんが、簡単には受け取れないように感じます

マスクを無利益で提供をきめる

 

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は10日から11日にかけてツィッターで呼びかけてマスクの供給を無利益で行うことをツィッターで約束しました
また、「政府マスクチームと連携を図り、医療現場をはじめ、一人でも多くの人々にSBは無利益でマスクを供給します」と発表されています

 

東日本大震災の100億円の義援金はどうなった

東日本大震災の時に彼が100奥円を寄付すると発表したが、その後の結末をご存じの方は少ないと感じます

 

実はなかなか振り込まず

 

赤十字、福島県、岩手県などに10億円ずつ寄付して、残りは「東日本大震災復興支援財団」に寄付しています

 

事務所もソフトバンクの関係ビルで役員も関係者が入っています

 

詳しくはこちらのサイトに書かれています

 

 

利益なしでマスクの配布もなにか裏があるように感じられます

 

ネットの反応はやや批判的なコメントが多いようです

 

特に批判的なものは中国のマスクが怖い、ソフトバンクグループがほぼ法人税を払っていないことに対して、まず日本に税金を納めるように促すコメントが多いようです







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です