政治・社会

川口市保健所で職員が新型コロナウイルス感染!専門家でも対応できない

新型コロナウィルス感染の銀メダリスト塚原直貴(34才)の懇談会に参加の桑名市40代女性が感染

保健所といえば、コロナ対策の最前線

 

直接の新型コロナウィルスの担当者ではなかったといえども、最前線のプロ

 

その保健所の職員が20代~50代までの3人が感染したというショックなニュース

 

窓口業務も13日から縮小するということです

 

3人に最近の渡航歴がないなど感染ルートは解明されていないようですが、最前線のプロが感染してしまう新型コロナウイルスについては色々な専門家が持論を繰り広げているが、実際に起こっていることは知識を超えている可能性が高いのではないのかと感じます

 

山中京都大学教授が悲壮な顔でNHKに出演して、新型コロナウィルスの危険性を訴えていたにもかかわらず、

橋元元大阪府知事・市長はもう少し経済を開放したほうがいいのではないかと、経済優先論を展開していたが、色々なことをいうのは自由ですが間違っていた時の責任が取れるのかと思うと違うのではないかと感じてしまいます

 

こういった時期だからこそ、いい加減な発言については控えてもらいたいものです

 

[kanren postid=”761″]

 

ネットの反応は