PCR検査不要論の研究者・コメンテーターのまとめ

PCR検査不要論の研究者・コメンテーター






新型コロナウイルスの対策について日本では悲しいことに専門家の意見が真っ二つになっています

 

PCR 検査は全く意味がない

 

コロナウィルスに感染したかどうかわからないってことのほうが恐怖ですよね

 

知らないうちに周りの人間を病気に感染させていくわけです

 

疑問しか残りません

 

PCR検査の反対の論客についてまとめてみました

 

木村もりよ氏

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ziyuminsyuto.tentere Iove(@ziyuminsyuto.tentere_iove)がシェアした投稿

1965年3月9日(55歳)

医師、元厚生労働省医系技官、ノンフィクション作家

自粛は必要ないと驚かせつ発言のほか、マスク・PCR検査は必要がなく国民の半分を超える感染者をだすことで免疫ができるので日本が助かるにはそれしかないと言い切る

特にスウェーデン方式で医療崩壊を起こさないようにすることを主張している

新型コロナウィルス感染の銀メダリスト塚原直貴(34才)の懇談会に参加の桑名市40代女性が感染

木村もりよ氏マスク・PCR検査・自粛いらない理由とは

新型コロナウィルス感染の銀メダリスト塚原直貴(34才)の懇談会に参加の桑名市40代女性が感染

木村もりよ先生『緊急事態宣言発令』は意味がない!

新型コロナウィルス感染の銀メダリスト塚原直貴(34才)の懇談会に参加の桑名市40代女性が感染

岡田晴恵先生に敵意剥き出しの木村もりよ氏のとんでも発言の数々

小林いんてつ教授

 

この投稿をInstagramで見る

 

ルビケイト大阪心斎橋(@lubicate_osaka_shinsaibashi)がシェアした投稿

1962年生まれ(55歳)

東邦大学教授

出演番組等で、PCR検査は必要はないとの見解

軽症者も見つける検査をすることで、医療崩壊が起きる

新型コロナウィルス感染の銀メダリスト塚原直貴(34才)の懇談会に参加の桑名市40代女性が感染

TBS「グッとラック!」コメンテーターで活躍中の小林寅喆(いんてつ)教授 年齢・国籍・学歴は?

新型コロナウィルス感染の銀メダリスト塚原直貴(34才)の懇談会に参加の桑名市40代女性が感染

鈴木おさむ氏が反論した専門家・東邦大学感染制御学の小林寅喆(いんてつ)氏の呆れたコメント

中間淳太(ジャニーズウエスト)

 

この投稿をInstagramで見る

 

かえ(@west_0826.7)がシェアした投稿

1987年10月21日(32歳)

台湾人と日本人のハーフのアイドル

ニュース系の番組にも積極的に出演しており、意見の違いを戦わせている場面などはアイドルとは思えない発言もあります

ニュースゼロに出演中の同事務所の桜井翔の後任ともいわれています

橋下徹氏

、1969年6月29日(50歳)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です