練馬の老舗とんかつ屋さんの火災

新型コロナウィルス感染の銀メダリスト塚原直貴(34才)の懇談会に参加の桑名市40代女性が感染






 

なんとも言えない自殺だったのか?

 

安倍首相が緊急事態宣言を1か月延期すると発言した後に起ったため、このまま事業を続けていくことに限界を感じてしまったのかとも考えられます

 

老舗3代目店主の男性(54才)が全身やけどで死亡した

 

店主は聖火ランナーにも選ばれたという

 

新型コロナウィルス感染拡大で五輪が延期され、お店をたたむ予定だったようです

 

遺書はみつかっていないようです

 

ただ、補償も給付金も非常に遅い日本ではこのようなことが多くなってしまうのではないかと

 

感じてしまいます

 

ネットの反応







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です