2006年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会の決勝ジダンの頭突き事件の真相とは

2006年のワールドカップ(W杯)ドイツ大会の決勝ジダンの頭突き事件の真相とは






2006年のワールドカップ決勝で

 

フランス代表のジダン氏とイタリア代表マルコ・マテラッツィ氏との間で衝撃的なことがおきた

 

「ジダンの頭突き事件」

 

当時ジダンは詳しい名言を避けたが、

 

「私の大切な女性たち、母と姉に対する、深く傷つける侮蔑の言葉」

 

とだけ発言していた

 

マテラッツィ氏『ユニホームよりも君の姉妹の方がいい』

ジネディーヌ・ジダン氏

 

この投稿をInstagramで見る

 

hero & hiro(@my_hero_1971)がシェアした投稿

マルコ・マテラッツィ氏

 

この投稿をInstagramで見る

 

@forza0220がシェアした投稿

『ユニホームよりも君の姉妹の方がいい』

 

ジダンは兄5人と姉1人の末っ子のために、姉のことを言っていたと思われる

 

ジダンの姉の画像

 

ジダンのユニホームを引っ張ってディフェンスしていたマテラッツィに

 

 

「ユニフォームが欲しいのなら、試合後にくれてやるよ」

 

 

と発言の後に言われた言葉だったようです

 

ネットの反応

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です