吉村大阪府知事の大阪モデルの出口戦略とは 

読売テレビの高岡達之記者!ミヤネ屋に出演後バッシングの嵐






5月5日、大阪府の吉村府知事が発表した

 

大阪モデルという出口戦略とはどのようなものでしょうか

 

気になったので調べてみました

 

医療を数値化

医療は数値化するのは難しいが、わかりやすく表示している

 

専門家からも評価されているようです

解除の判断基準 7日連続で段階的に解除

警戒基準①

感染経路不明患者数 10人未満

警戒基準②

PCR検査陽性率 7%未満

警戒基準③

重傷者病床使用率 60%未満

 

信号でライトアップする

大阪城・太陽の塔・通天閣をライトアップして府民に分かりやすくする

 

この投稿をInstagramで見る

 

Seikai Masanori(@doruemon_)がシェアした投稿

 

現在も数値化でクリアし続けている

 

橋下徹氏の評価

組織マネージメント力

医療が崩壊しない数値化をしてほしいという

安倍政権は解除するかどうかを専門家に

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です