神奈川県の野生のイノシシが家畜伝染病『豚熱CSF』で死亡

神奈川県の野生のイノシシが家畜伝染病『豚熱CSF』で死亡






5月11日に相模原市と山梨県の境で野生のイノシシが熱豚(CSF)で死亡していたという

 

神奈川県内では初めてという

 

熱豚って何?

 

と思われている方も多いですが、

 

2019年に『豚コレラ』⇒『熱豚』と改名されています

 

神奈川県はエコフィールドを利用した『はまぽーく』というブランド豚もいるので

 

影響拡大になると、豚肉の価格も上昇する可能性が高いですね

 

場所

相模原市内で山梨県との境目ということらしいです

以前は埼玉県でも発見されているので、地域として非常に近いことが確認できます

豚コレラ改名する必要ってあるの?

アフリカ豚コレラ  ⇒   アフリカ熱豚

 

豚コレラ      ⇒   熱豚

 

と2019年11月に農林水産省から改名されています

 

改名理由はアフリカ豚コレラのように人には感染しないために

 

名称を変えたようです

 

アフリカ熱豚も改名しているので、

 

あまり意味がないように思います

 

コレラという名前を消したかったのでしょうね

豚熱(CSF)とは

豚熱はCSFウィルスで強烈に感染能力があるが、人間には感染しないとされています

 

予防法がまったくなく、家畜伝染予防法で家畜伝染病に指定されています

 

唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し、感染豚や汚染物品等との接触等により感染が拡大

 

唾液・涙・糞尿中を通じてウィルスが拡散されていきます(出典:農林水産省公式ホームページ)

 

ネットの反応

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です