新型コロナウィルスで28歳の力士の勝武士さん亡くなる

新型コロナウィルスで28歳の力士の勝武士さん亡くなる






 

 

高田川部屋所属の三段目勝武士幹士さん(しょうぶしかんじ)

 

新型コロナウィルス感染で28歳でお亡くなりになられたそうです

 

医療体制の問題点もあったようです

 

勝武士 幹士 (しょうぶし かんじ)さんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

tatsu.ryu(@tty7704)がシェアした投稿

本名   大森 清隆

生年月日 平成3年11月4日

身長   165センチ 111.2キロ

所属部屋 高田川部屋

 

若いからということで入院ができない

 

この投稿をInstagramで見る

 

ばやっしー(@k.bayassy0924)がシェアした投稿

 

フジテレビ系『グッディ』では相撲レポーターの横野レイコ氏に糖尿病を患っていたと

 

明かされています

4月4日  38℃の発熱

複数の病院から断れる

4月7日  近隣病院で断られる

4月8日  入院

4月9日  大学病院に転院

4月10日  PCR検査で陽性

4月19日 集中治療室

5月13日 死去

 

八角理事長のコメント

「この度は悲報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。1カ月以上の闘病生活、ただただ苦しかったと思いますが、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠って欲しいと思います。懸命の措置をしてくださいました医療機関の皆様には、故人に代わり、深く感謝申し上げます」

勝武士さんのご冥福をお祈りいたします

 

ネットの反応







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です