報道ステーションの富川悠太の職場クラスター5人も感染していた

報道ステーションの富川悠太の職場クラスター5人も感染していた






15日の報道ステーションで小木逸平 アナウンサーが

 

新型コロナウィルスの局内のクラスターを

 

話していきたいとして、重症化した赤江珠緒さんのご主人の伊藤賢治さんの闘病レポートを

 

放送していました

 

「アクテムラ」が効いて体調がよくなる

伊藤賢治氏は免疫細胞が過剰反応を起こすことで重症化したと説明していました

 

アビガンは効かず、アクテムラを飲んで体調がよくなってきたという

 

入院は17日間で医療従者に感謝をされていました

テレビ朝日の職場クラスター5人

メインキャスター富川悠太アナウンサーの濃厚接触者で

 

実際に感染した局員は合計4人にもわたっている

 

20代~40代と幅広く感染を起こし、経過もそれぞれ違うようでPCR検査でなかなか陰性反応がでずに

 

長期の入院の局員もいたそうです

 

熱がでたまま、局内で感染クラスターを起こした富川悠太アナウンサー

 

はどのような責任をとるのでしょうか

 

今後の言動に注目です

 

ネットの反応







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です