ギャンブル依存症の黒川弘務検事長に退職金7,000万円?逮捕の可能性は?

黒川弘務検事長、仕事はできるが実はギャンブル依存症?






 #検察庁法改正に反対します

 

の張本人の東京高検の黒川弘務検事長

 

新型コロナウィルス感染拡大防止のため不要不急の外出を自粛されているなか、

 

新聞記者とかけマージャンをしていた疑いがあると週刊文春砲が報じているという

 

記事が事実であれば無茶苦茶な東京高検の検事長です

 

記事には各新聞記者がマージャン接待を行なって、ハリアーで送迎をしていたというが、公務員倫理法には違反しないモノでしょうか?

 

 

国家公務員倫理法・国家公務員倫理規程において、国家公務員が利害関係のある人から接待や贈答を受けることを原則として禁止しています

黒川弘務検事長のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anglomania(@dj.higashi)がシェアした投稿

氏名   黒川 弘務

生年月日  1957年2月8日 (63歳)

出 身 校 東京大学法学部第1類

東京地方検察庁検事 → 新潟地方検察庁 → 名古屋地方検察庁 → 青森地方検察庁等の地方検察庁

法務省に異動 → 法務省大臣官房司法法制部司法法制課長 →  刑事局総務課長 → 大臣官房秘書課長  →  大臣官房審議官  →  松山地方検察庁検事正 → 大臣官房付 →  検察の在り方検討会議事務局  →  臣官房長  →  法務事務次官  →  東京高等検察庁検事長

賭けマージャンの犯罪『前科がつく可能性も』

罪状  単純賭博罪 常習賭博罪

量刑  50万円の罰金または科料

 

現行犯逮捕でないと立証が難しいために単純賭博罪になる可能性がります

 

犯罪行為の内容が軽微であれば、逮捕されても罰金を支払って刑事事件が終了する場合も

 

あるそうですね

 

今回は産経新聞の記者が10万円負けたという情報もあるなか、軽微というには額が大きい可能性も

あるかもしれませんね

 

家族で楽しんだりする場合はその限りではないようです

 

マージャン賭博で捕まったタレント・漫画家の蛭子能収さん

 

警察に現行犯逮捕されて10時間飲まず食わずで取り調べを行われ

 

4か月間、仕事は自粛しております

 

7,000万円の退職金

辞任  ⇒  退職金7,000万円

 

懲戒免職  ⇒  退職金一部又は全部の支払いの制限を受けます

 

辞任が認められると普通に退職金7,000万円をもらいやめれます。

 

今回の辞任で黒川氏自身が『猛省します』と発言しているので、なにもおとがめなしになるのはおかしいと思われる方もおおいのではないでしょうか

 

朝日新聞と産経新聞の記者とズブズブの関係

黒川検事長は以前から虎ノ門の雀荘に週1ペースで通っていたようです

 

検察庁法案改正問題で、報道で顔が売れてからは雀荘通いは控えていたようです

 

検察庁からの情報は取りにくい

各新聞社は検察官から事件の情報を取りにくい公務員だそうです

 

ただ、昔から麻雀が大好きな黒川検事長は新聞社の記者を集めて

 

賭けマージャンをよくやっていたようです

 

掛け金も3万円~10万円

 

新聞記者の中には接待麻雀ということで、黒川検事長を勝たせて気分よくさせていたようで

 

記者の中には10万円負けたとかいうこともよくあったということです

 

ハリアー代は便宜供与

麻雀が終わると

 

ハリアーで自宅まで送迎していたようです

 

費用は夜間ということで2.5万円~3万円はかかるということです

 

ハリアー代だけで年間100万円近くを便利供与されていたようで、公務員倫理規程にも十分に抵触する行為になります

安倍政権と関わった結果

安倍政権にとって、

 

森友学園 → 籠池泰典理事長

 

#検察庁法改正に反対 →  泉田裕彦衆院議員を内閣委員から外す

 

のように政権にマイナスの人間を次々切っていく特徴があります

 

黒川弘務検事長  →  ギャンブル記事  →  辞意

 

公明党の石田祝稔政調会長は事実であれば職務を続けられる話ではない』

 

安倍政権とかかわるとろくな最後にはなりませんね

 

黒川弘務検事長は安倍政権にそそのかせて、定年延長せずに普通に辞めていたら退職金は数千万円あったかもしれません

 

まとめ

 

検事長みずから法律違反するような人間が

 

国民の反対があるなか、定年延長する必要なんて誰も必要ないと思いますよね

 

掛け金も、浮世離れしている額です

 

記者も接待マージャンになりますので、わざと負けてお金を渡している可能性するあります

 

大きな反発を食らう可能性もありますね







1 個のコメント

  • 全ての発端は、安倍晋三の犯した数々の罪を葬ろうとしていることにあります。安倍晋三を逮捕して投獄すべき。ついでに昭恵も。そうしないと、この国は後進国への坂道転げ落ちるだけです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です