新型コロナウィルスを感染拡大させた理由は中国からの入国を4月2日まで認めていたことです

新型コロナウィルスを感染拡大させた理由は中国からの入国を4月2日まで認めていたことです






安倍政権によって、各国が中国からの入国を規制する中、日本には中国からの感染者が山のように押し寄せた結果、新型コロナウイルスの感染拡大が起こっています

 

安倍総理が中国本土からの入国に対して水際の対応を一切してこなかったことが原因です

 

なぜ、各国が中国からの入国規制をしている中、日本はしてこなかった説明をしてもらいたいものです

 

各国が中国からの入国を規制する中、最後まで入国させた安倍政権

ほとんど人災以外に考えらえないぐらい、水際対策を失敗しています

 

安倍政権が早い段階で中国からの入国禁止をしておれば、

 

潰れないで済んだ会社・飲食店

 

死なないですんだ人

 

も多数いたと考えられます

 

日付 中国からの全面入国拒否
1月31日 アメリカ
2月6日 台湾
4月3日 日本

 

3月4日には国内の感染者が1000人

 

になっても、中国からの入国し続けたら

 

当然、感染拡大するのは当然ですよね

 

台湾の奇跡

台湾は2019年12月31日から武漢からの直行便客に検疫を実施しており、

 

水際対策がキッチリしていたようです

 

2020年2月7日 中国本土住民の入境禁止しています

 

日本は2か月間、中国から入国を認めています

 

ネットの反応

まとめ

 

なぜ、中国からの感染者を入国させ続けたのか

 

まだ、安倍政権からの説明は一切ない状態です

 

これだけの被害拡大をもたらしたのは、人災以外なにもありませんね







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です