シャンプーハットこいでが入院した急性咽頭頭炎とは?

シャンプーハットこいでが入院した急性咽頭頭炎とは?






吉本興業所属『シャンプーハット』のこいで(小出水直樹さん)が

 

6月21日に急性咽喉頭炎で大阪市内の病院に入院したようですね

 

38度の発熱とのどの痛みが続く急性咽喉頭炎ってどんな病気?

 

この投稿をInstagramで見る

 

シャンプーハットこいで(パパは漫才師作者)(@shampoohatkoide)がシェアした投稿

こいでのプロフィール

生年月日

1976年2月1日(2020年現在44歳)

出身

大阪市高槻市

家族

嫁、1男、2女

活動

1994年『シャンプーハット』を相方てつじと結成

2014年『こいで』に改名

 

6日前に目の欠陥が切れたとインスタで報告

 

この投稿をInstagramで見る

 

シャンプーハットこいで(パパは漫才師作者)(@shampoohatkoide)がシェアした投稿

急性咽喉頭炎

過去には浜崎あゆみも発症してライブルアーが中止にもなっています

 

風邪の症状でウィルス感染や細菌感染、喫煙、粉塵などで粘膜の酷使が原因となるようですね

 

重症化すると窒息や呼吸困難になる可能性もあるようで注意が必要な病気のようです

 

ネットの反応







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です