事件・事故

鮭のおおすけ(大助)の値段・生体・伝承は

人気動画でオオスケの値段が気になってググったけどあまりいい記事がなかったので、おおすけの値段を考察してみました

恐らく人気動画のおおすけは16万円ぐらいはしたと思います

 

おおすけは鮭の一種のキングサーモンのことです

キングサーモンは日本ではほとんどとれないプレミアムな鮭です

ときどき、北海道や東北地方でときどき取れることもあります

 

おおすけについて調べてみました

 

オオスケ(大助)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yasuhiro Gunji(@gunboy_nsr)がシェアした投稿

おおすけとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masayuki Yamane ChillOut(@masa_yamane)がシェアした投稿

おおすけはアラスカ地方やロシアアームル川で取れる大型の鮭(キングサーモン)の別名になります

日本では銀鮭が主でキングサーモンは固体数が少ないですが、定置網にかかることが稀にあります

めずらしいおおすけの値段がきになるところです

 

おおすけの値段は

鮭の価格は安いものと高いものでは大きく開きがあります

100g(一切れ)200円~3000円とずいぶん開きがあります

というのもブランド鮭の価格が非常に高いためです

 

北海道のブランド鮭

価格が高い

1位 鮭児

2位 オオスケ・トキシラズ

オオスケ・マスノスケ・・・キングサーモン

トキシラズ・・・ロシアアムール川産の白鮭

ケイジ・・・ロシアアムール川産の白鮭、全身がトロで10万匹に1匹(10万円以上)

オオスケが最高級というわけではなく、鮭児(けいじ)が一番高いブランドになります

 

おおすけの場合は10キロであれば20万円で食べれない割合2割とした場合、人気動画ででていたオオスケ(大助)は16万円ぐらいはしたのではないかと考察します

5キロ前後のものが一般的で築地のネット通販では4万円~6万円ぐらいでは販売されていますが、10キロともなるとプレミア価格になることが予想されます

 

オオスケの生体

アジア系とアラスカ系がキングサーモンにはあり、成魚になるまで4年~5年はかかります

紅鮭やシロザケは3年~4年になります

天然物は味くどくない脂がまとっています

 

オオスケの伝承

日本全国にはオオスケの伝承が語られています

鮭のおおすけ(鮭のおおすけとこすけ)という絵本もあります

鮭の王のオオスケと妻のコスケが海から川に遡上する逸話です

オオスケとコスケが川を遡上する時は「鮭の大助、今のぼる」と大声が川で聞こえたそうです(逸話です)

その声を聞いたものは2~3日以内に死ぬという

これも遡上した鮭を捕獲してしまうと、鮭を取りつくす可能性を逸話にして後世への戒めだったと思われます

絵本では村の長者の命令でオオスケを捕獲しょうとしていた村人だったが罰が当たることを恐れて村人は返っていったが、長者だけが捕獲しょうと川に残ったが次の日長者が川で亡くなっていたという話です

フジパンのホームページで読むことができますので、興味のある方はこちらから

マルハニチロのホームページでも見れます

さけの おおすけ (むかしむかしばなし)

 

オオスケの投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

鮭乃丸亀(まるかめ)札幌円山本店(@marukame_sapporo_sake)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

masaomi Kondo(@konmasa0301)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

urara(@urara8645)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本一鮨🍣を食べてた男 gyogyogyo(@gyogyogyo09)がシェアした投稿

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です