アンチエイジング

タイガーバーム赤と白の違いは?効能と副作用は?

タイガーバーム赤と白の違いは?効能と副作用は?

タイガーバームって謎な薬ですよね~

長年首コリの緩和のために利用していますが、途中で販売中止になったり赤と白の商品がでてきたり実際の効能はどんなものか気になります

タイガーバームについて効果的な使い方についても解説しています

謎の薬、タイガーバームの正体を探る記事になっています

なかなか、いい薬に出会わなくてタイガーバームに行きついた方は是非最後まで読んでください

タイガーバーム

タイガーバーム

中国の清朝時代に薬草商人の胡子欽が開発し、2人の子供に受け継がれて兄の名前が胡文虎の虎の文字にちなんでタイガーバームと名付けられています

湿布や肩こりの塗り薬は皮膚が弱いためにどうしてもヒリヒリとして

 

あまり、長時間つけることができませんでした

 

タイガーバームについてはヒリヒリ感が少なく首の凝りを抑えてくれるので、昔から愛用しています

マッサージをするように塗り込んでいくとのがおすすめです

 

 

まとめ

タイガーバーム

 

独特のにおいがありますので、仕事中にはなかなか利用できませんが、

 

現在も使っている人は非常に多い首コリ、肩こりには人気がありますね

 

新製品の赤・白のものはカンファーという成分が多く入っているようですね

 

以前は医療メーカーの龍角散が輸入・販売代理店だったので薬局でも購入できていたのですが、

 

現在はあまり薬局でみることが少なくなりました

 

イワキ株式会社というところで現在は販売されているようです

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です