鮭は食べて痩せる?栄養価の高い鮭は低糖質でダイェットにはおすすめ

日本人に大人気のさけ。

価格も安定して1年間食べ続けることができる口にする機会も多いとおもいます

実はそんな鮭ですが、カロリーはありますが糖質は低くダイェットにはいい材料になります

低糖質で栄養価の高い鮭はミス・日本代表の当時、現役東大生の杉本雛乃さんも朝は焼き鮭とサラダという食事制限をして体脂肪を落としていました

 

鮭の栄養価

鮭一切れのカロリーと糖質

鮭のカロリーと糖質

カロリーはそこそこありますが、糖質は非常に少ないです

重さ 80g
カロリー 188㌔㌍
糖質 0.2g

 

鮭一切れの栄養価

糖質が少なくても栄養価がなければダイェットにいい食材ではありません

鮭の栄養価は非常に優れています

エネルギー 110㎏cal
蛋白質 18g
脂質 3.6g
炭水化物 0.08g
ビタミンA 21.6μg
ビタミンD 26.4μg
ビタミンE 1.04mg
ビタミンB1 0.21mg
ビタミンB2 0.12mg
ナイアシン 4.8mg
ビタミンB12 0.33mg
葉酸 10.4μg
パントテン酸 0.98mg
食塩相当量 0.08g
ナトリウム 45.6mg
カリウム 304mg
カルシウム 8mg
マグネシウム 24.8mg
リン 208mg
0.32mg
亜鉛 0.4mg
0.06mg
マンガン 0.01mg

 

アスタキサンチンとは

アスタキサンチンとは

鮭の赤色はアスタキサンチンです

アスタキサンチンは健康にいいとされています

鮭の身はもともと白身ですが、アスタキサンチンをオキアミから摂取して筋肉に貯めこみます

そのアスタキサンチンはいくらになって子孫に受け継がれていきます

 

アスタキサンチンは抗酸化力

なぜ、健康にアスタキサンチンがいいのかというと、体を酸化から守ってくれるためです

酸化するリンゴや油は腐敗が始まります

そういった酸化に対して対抗力があるためです

 

まとめ

鮭を食べることで栄養価が多い魅力があるのに糖質は非常に少ないです

ダイェットを始めるなら鮭はかかせません

この記事を書いた人